■ 新規申し込みでいきなり高額の借り入れは可能?

 

はじめて消費者金融にを利用しようとした場合、高額融資なので、普通に考えると担保や保証人など、いろいろ用意しないといけないと考えてしまいますがどうなんでしょうか?

 

消費者金融では融資の際には、無担保・無保証が可能なんです。ですが、はじめての借入の場合に高額になると担保・保証人以外になにか条件があるのでしょうか?

 

 

■ 新規の借り入れの限度額は50万円!

 
消費者金融の新規ご契約の限度額は実は最大50万円までと決まっているんです。

貸す側としてはしっかりと審査を行います。お金を貸すわけですから、初めてのお客様というのは顔も性格も見えないので、信用はできません。本当に初めてならいいですが、過去に金融トラブルを起こしている人かもしれません。どちらにせよ、顔の見えない相手に大金を貸し出す訳ですから大きなリスクです。

 

取引履歴というのはとても重要です。もし、過去に金融業者からの融資を受けていた場合、それがとても優良なら、信頼できる相手ということになります。ですが、たとえ完済していても、過去の返済時に遅延が続いたり、連絡が取れなくなる時期があったりと履歴に悪い評価が付いている場合は申し込みの審査の段階で拒否されてしまいます。

 

相手が会社であれ、友人知人であれ、信用してもらうのは簡単ではありません。ましてやお金を借りるとなると信用第一です。ですが、相手はお金を貸す業者です。信用が得られればどんどん借りてくださいと言ってきます。信用がなければ1円も貸してはくれません。

 

■ 高額融資には年収が影響する?

 
いきなり50万円以下を借りると言っても簡単とは言えませんが100万円、200万円を借りるというのはずっと難しいのは事実です。

まずは年収がネックになります。最低でも年収300万円、それが安定した収入であること。そして収入を証明できること。正規雇用として勤めていること。すなわち月々の収入が保証され、会社の社会保険にも加入し、しかも他の金融機関からの借り入れやカードローンもない。

 

もう少し言うと、実家かもしくは持ち家で家賃の支出が少ない場合、さらには給料を家族のために使う必要がない独身だとより支出がないので有利と言えます。いくら収入があるとしても毎月の決まった支出が多いと、返済に回せるお金が少ないという判断になります。そうなると、大きな額を融資することはできないようです。

 

■ 高額融資には総量規制という法律の壁。

 
50万円を超える借り入れとなると、新規でなくてもなかなか難しい問題があります。それは総量規制という法律です。総量規制とは年収の3分の1までが借入可能額というもの。

これは金融機関の中でも貸金業者が対象で、ようするに消費者金融、信販会社、クレジット会社などに適用されています。ですが、銀行や銀行で扱うローン、住宅ローン、自動車ローン、学資ローン、さらにはクレジットカードのショッピングローンなどは総量規制の対象外になります。

 

この法改正で、収入があっても少なめの方々、または収入のない方は、借り入れが厳しくなりました。といっても、収入が少なくても安定していればアルバイトやパートの方などちゃんと働いている方などは消費者金融で借り入れは可能ですが、無職となると借りるのは無理です。

 

■ 50万円を超える借り入れには収入証明書の提出義務

 
総量規制で決まったことのひとつに、50万円を超える融資、またはすでに他社で借り入れがある場合、合計で100万円を超える融資を希望している場合は、収入証明を提出する必要があります。

なぜ、総量規制という法改正が行われたかというと、年収に関係なく高額の借り入れが可能だった以前は、アルバイトの方でも、例え、返済の目処が立っていなくても、高額の借り入れが難しくなかったので、利息のことなど考えずに借りていました。当然、返済に困る人が続出。返済が遅れるというだけでなく、返済ができなくなった人があまりにも増えてしまい、社会問題にまで発展したため、法改正がおこなわれました。

 

総量規制の対象外となる銀行系のカードローンの場合に関しては、年収の3分の1を超える超える借り入れも可能ですが、消費者金融とは違う高い審査基準があるので簡単ではありません。

 

■ 結論としては・・・。

 
高額借り入れの条件というのは、余裕のある年収ではないでしょうか。安定した収入を証明できるというのは返済に関して揉めるようなことはないという信頼度に繋がります。